本当の恋愛をしていないカップルって…

本当の恋愛をしていないカップルには、共通することがあるようです。

次に例を挙げるような状況にあるカップルは、いま一度、自分が本当に相手のことが好きなのか、大切にしたいと感じているのか、そして、自分自身の気持ちを、じっくりと見つめ直してみることも必要なのかもしれません。

付き合いをゲーム感覚で楽しんでいる
恋愛そのものをゲーム感覚で楽しんでいるような関係にあるカップルは、やや注意が必要だと言えるでしょう。相手のことが好きかどうかよりも、異性を振り向かせられるスキルとか、高スペックの異性と付き合っていることをステータスにしていたりなど、恋愛というよりは、自分の力量を試しているような状態は、本当の恋愛とは言えません。モテ期が来たようなときなど、ゲームのように恋愛を楽しむことに陥る人も少なくないようです。社会人デビューをしたときのように、自分の環境が変わったときに、恋愛ゲームに走ってしまうケースも見受けられます。こういうタイプは、結婚してからも、刺激が欲しくなったり、モテる自分をアピールしたいと思ったりする傾向が残るので、いろいろと問題を起こしてしまう可能性が高いとも言えます。本来、お互いを思いやることで関係が深まるのが本当の恋愛と言えるところを、あまりにゲーム感覚の恋愛をし過ぎると、そっちの方が当たり前になってしまい、深みのない交際しか出来なくなる危険が出てくるでしょう。

相手との関係を簡単に切ることができる
単なるゲームとして異性を付き合っている人は、相手との関係を簡単に切ることができてしまいます。相手を見つけることも簡単、縁を切るのも簡単です。相手に飽きてしまったり、恋愛モードじゃなくなると、関係を切ってしまいます。このタイプは、いつも、相手をキープしているケースも多く、今の相手に飽きたとか関係がダメになると、すぐに次の相手がいるような保険をかけているのです。言うなれば、本気の恋愛をしていないというわけです。

ケンカが絶えない
あまりにケンカが多いカップルは、本当の恋愛をしていないとも言えそうです。双方が、お互いを思いやろうという気持ちが薄いために、自分の意見を通そうとしすぎて衝突してしまい、ケンカが多くなってしまいます。また、このようなカップルは、ケンカが多いけど仲直りも早いのも特徴ですが、それも他にもっと合う人が現れるまで。別の魅力的な人が現れるとあっさりサヨナラ…ということになりがちです。

本当の恋愛。

定義は難しいと言えるでしょうけれども、やはり、相手を心から好きだと想う気持ち、そして、相手を大切に思う気持ちを大切にしたいですよね。

素敵な恋愛が出来ますように♪