好きになった人と電話するときに緊張しないためには?

好きになった人と電話で話をするときに緊張してしまう、というのはアルアルだと思います。

ただ、せっかくの大切な機会に緊張し過ぎて、楽しい時間にできないのももったいないと思いませんか。

そこで、今回、好きな人と電話で話をするときに、できるだけ緊張を和らげるための方法を紹介してみましょう。

簡単に試せることなので、自分ができそうなものを試してみることをおススメします。

話す内容を考えておく、メモしておく
話したいことをあらかじめ考えておいて、できればメモしておくのもいいでしょう。準備しておくと、落ち着いて話をしやすいはずです。また、話題については、重めの内容は避けるようにして、趣味の話や、最近のテレビ、ドラマ、映画などお互いに軽く話せる内容を選ぶのがコツです。

気持ちを落ち着けた状態にしておく
気持ちが落ち着いていないと、余裕がなくなって、思ってもいなかったことを言ってしまったりすることありますよね。心に余裕のある状態で話せるようにすることがポイントです。方法としては、自分の好きな曲を聞いてみたり、話すときに小さな音でBGMみたいにかけておいてもいいかもしれません。また、ソファでくつろぎながらとかもいいでしょう。どうしても緊張してしまいそうなときは、お風呂に入った後などもいいでしょう。入浴は心身のリラックス効果がありますのでおススメです。

一日の用事が終わった夜の時間に電話する
夜の、学校や仕事など、1日の用事が終わった後に電話するのもいいでしょう。とりあえず今日やらなければならないことのない、夜の時間帯は、緊張しにくくなります。また、夜は、相手の方も一人でゆっくりしていることも多いでしょうから、周りに気をつかったり、予定に追われていることも少ないので、落ち着いて話をすることができるでしょう。

異性の友達と電話で話す経験をする
電話で話をすることそのものが苦手な人もいるでしょうし、まして、異性との電話のイメージが湧かないという人もいるでしょう。人は元来、経験のないことに緊張するものです。ですので、練習というか、経験をしておくと、緊張しにくくなります。まずは、友達と電話で話をして、電話の経験をしておくこともひとつです。できれば、異性の友達と話せるとより良いでしょう。イメージトレーニングみたいな感じですね。

アルコールの勢いを借りてみる
普通にリラックスした状態を作ってみても緊張してしまうという人は、少し、アルコールの力を借りて電話をしてみるものいいでしょう。少しのお酒であれば、緊張を解いてくれますし、また、気持ちも盛り上がります。初めは、お酒の勢いがあるから電話ができた、ということになりますが、だんだんと慣れてくることで、しらふでも緊張しなくなってくるはずです。ただし、当然ながら、完全に酔っぱらった状態で電話をかけるのはNGです(笑) ろれつが回っていないとかだと、むしろ迷惑がかかっちゃいますよ!(笑)

好きな人と話をするのは、本当はとても嬉しいことなんですが、意識し過ぎると力が入ってしまい、硬くなってしまいがちです。

できるだけ力を抜いて、リラックスして、素直な気持ちで話せるように、上に挙げたようなことを試してみてはいかがでしょう。

素敵な恋愛が成就しますように♪


自分に好意を持っている人に対してどう接する?~自分も好きな場合⇔そうでない場合~

自分に好意を持っている人が身近にいる場合、その人に対して、どういう接し方をするのが良いのでしょうか。

当然ながら、自分自身の気持ちによって、とるべき振る舞いは変わってくると思います。

自分の方もその相手のことを好きだと思っている場合、反対に、自分としては「ちょっとないかなぁ…」と思っている場合がありますよね。

ここでは、それぞれのケースで、どう振舞うべきかの例を挙げてみますので参考に考えてみて頂きたいと思います。

自分の方も相手に対して好意を持っている場合
自分に対して好意を持っていると思われる人に対して、自分自身も恋愛対象として見ているという場合は、こちらから、好意を持っているということをうかがわせるような振る舞いをしてみましょう。すでに、両想いであることを確信できている場合は、あまり悩まずに積極的に駆け引きなどなしでアプローチすればいいと思われますが、まだ確認に至っていない場合は、どう対応するのがいいか迷いますよね。そんなときは、LINEやメールを送る回数を増やしてみたりして、相手との距離を縮めていくのが確信に至る近道と言えるでしょう。そんな中で、もし、相手の方から告白があれば、素直に喜んで受け入れるといいでしょう。

自分の方としては相手に対して好意を持っていない場合
このケースでは、接し方が難しいところではありますが、必要以上に相手を傷つけ過ぎないように注意したいですね。まず、自分としては恋愛対象としていていないのであれば、思わせぶりな態度をとることは禁物です。できるだけ自然に距離をとるようにするのがおススメです。もし、デートに誘われたというような場合は、キッパリと断ることです。また、とくに要件のないようなLINEやメールなどのやりとりはしないようにする、といったことを貫いていれば、相手の方も、脈ナシであることを理解してくれるはずです。それでもなかなか分かってもらえないような相手であった場合には、友達や周りの人に相談するなどして、接触する機会を減らしていくように働きかけていくのがよいでしょう。そうやって、コミュニケーションの機会を減らしていくようにしていくのがベターでしょう。

好きな人との距離を縮めていきたいのであれば、積極的にアプローチすることが大切ですが、相手の気持ちがまったく分からない場合には、どういうアプローチをすればよいのか難しいと思います。

これまでの記事では、相手の気持ちを確認する方法を挙げてみましたが、それらを参考にしつつ、自分に対する相手の好意の有り無しを確認してみてください。

そして、もし、好意を持っているサインが多く見られたら、積極的に行動を起こしてみましょう。

逆に、好意を持ってくれていないサインが多く見られたら、相手は、自分のことを恋愛対象として見てくれていない可能性が高いです。

そんなときは、きっぱり諦めるか、あるいは、恋愛対象として見てもらえるように、自分を磨くとか、アプローチの方法を変えていくなどを検討するのが得策かもしれません。

相手の言動、雰囲気をよく観察し、自分の振る舞いをフレキシブルに変えていきながら、今後の恋活、婚活に役立てて頂ければと思います。

素敵な出会いがありますように!
ハッピーメール公式サイト


自分のことを相手はどう思っている?~好意を持っていない場合~

前回の記事では、相手の振る舞いから、自分に好意を持っているであろう場合について、例を挙げてみましたが、今回は反対に、好意を持たれていない場合には、どういう振る舞いが見られるのか見てみたいと思います。

はじめから、好意を持たれていないのに、あんまり強くアプローチすると、余計に引かれてしまうことにもなりかねませんので、注意したいですよね。

ここに挙げるような振る舞いが見られたら、早々にあきらめるか、アプローチの仕方を変えるなどの対策が必要でしょう。

さっそく例を挙げてみますので確認してみてくださいね。

会話をしようとしない
こちらがせっかく話をしているにも関わらず、続けようとしないのは、避けたがっているサインと言えるでしょう。いろいろと聞いても、うん、ううん、というだけとか、あるいは、相手から話を振ることがまったく無い、というのは、会話を続けることを拒否しているように思われ、こちらに関心がないことの表れとも言えそうです。お互いの関係性によるところもありますが、明らかにそっけないような感じがあるのであれば、あきらめた方がいいかもしれません。

ラインやメールの返信が遅い、来ない
メッセージのやりとりにおいて、返信が遅い、あるいは、未読スルー、また、既読になっても返信がない、というのは、やりとりを避けている可能性が高そうです。もし、好意を持っている人からの連絡であれば、むしろ、早くに返事をするはずです。なので、正直な思いとしては、返事が面倒だと感じている場合もあるでしょう。何らかの事情があるわけでもないのに、返信が遅い、返ってこないというのであれば、脈ナシだと考えるのが無難でしょう。

ボディータッチを避ける
当然ながら、好意を持っていない人からボディータッチされることは嬉しいわけがありません。例えば、軽くタッチしただけで、嫌がるような表情をさえたり、距離をとられたりするような場合は、まず、嫌がっていると言って間違いなさそうです。男性から女性に対するボディータッチというのは、関係性の度合いによりますが、なかなか難しいかもしれませんが、女性から男性に対するボディータッチでも、この雰囲気はよく分かるはずです。ただ、男性が、女性の気持ちを知りたいから…とむやみにボディータッチするのは良くないので気を付けましょう。

以前に話をした内容を覚えていない
こちらが以前に話をした内容を覚えていないというのは、あまり好意を持たれていない証拠のひとつと言えます。男性女性に関わらず、好意を持っている人の話したことは、些細なことでも覚えているもののはずです。ですので、こちらは覚えているのに、相手が覚えていないとなると、相手は、こちらに関心がないと判断せざるをえません。「そんなこと言ってたっけ?」ということが多いようであれば、相手にとって自分は恋愛対象に入っていない可能性が高そうです。

デートの誘いを断られる
デートに誘ってみて断られるというのは、そのままですよね。もし万が一、本当に忙しいということもあるかもしれませんが、何度か誘って断られるようなら、まずあきらめた方が良さそうです。デートというのは、二人で過ごすわけですから、それを断るというのは、そんなシチュエーションを避けているということになります。みんなで遊ぼう、というような断られ方も脈ナシと言えるでしょう。

いかがでしょうか。

脈ナシの相手にあまりしつこく言い寄るのはさらに減点となりますし、ここに挙げたような振る舞いが見られたら、キッパリあきらめてしまうのが得策かもしれませんよ。

自分のことを相手はどう思っている?~好意を持っている場合~

好意を持った相手に対しては、積極的にアプローチしたいと思うのの、相手の気持ちが読めないときには、なかなか行動に移せないという人は、少なくないでしょう。

相手が自分に対して、好意的な目を向けてくれているのか、はたまたそうでないのか。

好意的な場合、そうでない場合ともに、気持ちというのは、少なからず言動に表れてくるものです。

もし、好意を持ってくれている場合には、次に紹介するようなサインが見られるはずです。

さっそくチェックしていきましょう!

相手からの連絡が多い・送ったメッセージに対する返信が早い
当然ながら、好きな人とはいつもコミュニケーションをとっていたいと思うものですよね。単純に、相手からのLINEやメールなどの連絡が多い場合は、好意を持たれていると思っていいでしょう。そもそも、関心のない人にはメッセージ入れたりしないでしょう。また、自分から送ったメッセージに対する返信が早い、というのも、好意を持たれている可能性が高いと言えるでしょう。気になっている人からメッセージが届いたら嬉しくてすぐに返信したくなるはずです。

恋愛にまつわる質問が多い
恋愛についての質問をしてくるというのは、自分にもチャンスはあるのかということを確認したいという気持ちの表れ、ととることができます。いちばん分かりやすいのが、彼氏彼女のあるなしですよね。いわゆる「恋ばな」を持ち掛けてくる異性は、好意を持っている可能性が高いと言えるでしょう。

ちょっとした変化に気がつく
紙を切った、新しい服を着た、持ち物が変わったなどなど、身の回りの小さな変化にも気づく人は、自分のことをよく見ている、つまりは、好意を持っている場合がありますね。また、容姿や持ち物だけでなく、例えば、良いことでも良くないことでも「何かあった?」というふうに、雰囲気の違いに気づくような人は、好意を持っている可能性がより高いでしょう。

よく目が合う
目が合うというのは、相手が自分を見ているからに他なりません。また、当然ながら、気になっていない人を見る人はいませんよね。どうもよく目が合うなぁという場合には、その相手は、自分に好意を持っていると考えて良さそうです。

プレゼントをくれる
プレゼントをくれるというのは、相手の喜んでいる顔がみたいからですよね。また、プレゼントという行為は、会話などが苦手な人がするアピールの方法である傾向があるようです。会話によって親しくなるのが難しいので、プレゼントをする、または、会話のきっかけを作るというわけです。プレゼントをくれる相手は、自分に好意を持っていると考えられますね。

話をするときの距離が近い
人は自分のパーソナルスペースというものを無意識のうちにそれぞれが持っていて、そこに他人が入ることを嫌がるという性質があります。ただ、好意を持っている人であれば、そこに入っても気になりません。ですので、話をするときの距離が近いというのは、パーソナルスペースに入ることを受け入れているということとも言えます。もし相手が、他の人と話すときよりも、自分と話すときの距離が近いということであれば、好意を持たれていると考えて良さそうです。


素敵な出会いがありますように!
ハッピーメール公式サイト
▼ ▼ ▼




素敵な出会いを探しに行こう!

いつもと同じ日常を繰り返していて、新しい出会いもなかなかない…

そんなふうに感じている人は少なくないと思います。

やっぱり自分から動いてみないと変化は起こらないですもんね。

迷ったら、例えば、次のようなことを試してみてはいかがでしょう?

素敵な出会い、意外な出会いに巡り合えるかもしれませんよ。

仲のいい友達に異性を紹介してもらう
新しい出会いの昔ながらの?方法と言えば、親しい友達に紹介してもらうことですね。親しい友達は、自分のことを客観的にも見てくれるし、自分よりも自分のことを知っていたりすることがありますよね。これは、いちばん気軽でもあり、安心な方法と言えるでしょう。初めから二人っきりで、というのは盛り上がりにくいケースもあるでしょうから、最初はみんなで飲みに行く、というような場を設けるのが良いでしょう。デメリットと言えば、せっかく紹介してもらったけど、どうもお相手と合わないと感じたときに断りにくい…とかはあるかもしれません。

合コンに参加する
合コンは、出会いを求めている人、恋人が欲しいと思っている人たちが集まる会とも言えますよね。少なからず、知り合いがいるわけで、比較的安心して参加できるのがメリットでしょう。男女の割合が同じなのが理想です。誰かが企画してくれた合コンに参加するもよし、自分に異性の友達がいる場合は、その人を通じて異性を集めてもらて参加するのもいいですね。

サークルに参加する
自分の興味のあるサークルに参加するのもいいでしょう。探してみると、世の中にはいろんなサークルがあります。スポーツ、音楽、学習、自己啓発、アニメ、ゲーム等々。どれも、趣味を通じて出会うので、親交を深めやすいというメリットがあります。逆に、異業種の交流会のようなイベントもあり、これらもチェックしてみると、面白い集まりが見つかるかもしれませんね。

習い事を始める
新しい出会いを求めて習い事を始めるという人も少なくありません。休みの日や、仕事帰りなど、空けられる時間を利用して、無理なく始められるものがいいでしょう。異性との出会いを求めるのであれば、比較的、異性に人気のありそうなことがいいかもしれません。女性であれば、スポーツで言えば、テニスやボクシング、その他、プログラミング教室などは男性が多い傾向があるでしょう。男性であれば、料理教室などがいいかもしれません。出会いを目的で始めた習い事が、面白くなったりして、習い事が得意になって自分に自信がついてくるといったおまけも付いてくるかも?

恋活、婚活パーティー、街コンに参加する
合コンは、自分や友達でメンバーを集める必要があるので、それが難しいこともあるかもしれません。そんな人は、恋活、婚活パーティーや街コンなどのイベントに参加するのもひとつです。こういったイベントは、お店や場所、時間なども事前に決められているので、参加するだけでいいというのがメリットですね。最近は、いろんな趣味を通じたイベントが開催されているので、ちょっと興味のあるものに参加すれば、気の合う人に出会いやすいのではないでしょうか。新しい婚活イベントも次々に出来ているので、積極的に参加してみましょう。

マッチングサイトを利用する
かつては「出会い系」というと、ネガティブな報道などが多かった時代もありますが、今では、マッチングサイトを通じて、恋人ができた、結婚した、という例は、全く普通になりました。マッチングサービスのいいところは、会員の人たちはみんな出会いを求めているわけですから、目的がはっきりしています。また、お相手のプロフィールが掲載されているので、自分の求めている人を探しやすいです。忙しくしている人も、スマホで気になる相手を探すことができる気軽さもあります。

素敵な出会いに巡り合えますように♪

累計会員数2700万人のマッチングアプリ
ハッピーメール公式サイトです。
▽ ▽ ▽
ハッピーメールバナー