”テラスハウス”のような恋愛…出会い…憧れますね♪

テレビ番組「テラスハウス」、通称「テラハ」。

観ていた人も多いと思います。

「テラハ」で思い出すのは、「あいのり」という番組もありました。

全くのドラマというわけじゃなくて、ちょっとリアルな恋愛を描いたもので、より身近な感じというか、恋愛模様をより現実的に捉えられる感じですよね。

男女の恋愛、マッチングを、視聴者として見るという意味では、いわゆる普通のテレビドラマと同じなわけですが、これらが話題になったのは、完全な作品としてのドラマじゃないことで、リアリティが感じられたところにあるんだろうと思います。

「あいのり」や「テラハ」を見て、自分もあんな恋愛したいなぁと思った人も少なくないでしょうね。

男女がだんだんと距離を縮めていったり、惹かれ合っていく様子は、やっぱり感情移入してしまいます。

ところで、ハッピーメールのような、マッチングサービスも、「あいのり」や「テラハ」のようなものだと思うんですよね。

知らなかった相手と、メールやりとりして、だんだんとお互いのことを分かってきて、もっと知りたいと思ったり、そして、実際に会って話してみたり・・・

テラハで惹かれ合って、実際に結婚に至ったカップルもありますもんね。

久しぶりにYouTubeで「テラハ」の番外編を見ましたが、やっぱり恋愛って素敵~♪と思いました。

ちょっと美男美女過ぎるかもしれないですが(笑)

素敵な出会いって憧れますよね~

あなたにも素敵な出会いがありますように♪
ハッピーメールバナー

Zoom, Teams, Line, v-cube, skype などを使ってオンラインの出会い

オンラインでの出会い、オンラインデートは、今のこのご時世に合っていて、しかも、奥手の人?気をつかいすぎる傾向にある人?にとっては、恋活、婚活するのに、少しハードルが下がるところがあり、おすすめです。

スマホやパソコン、そして通信環境などは必要ですが、それさえあれば、新しい出会いの機会を作ることができます。

そして、Skype、Zoom、Line、v-cube、MicrosoftのTeamsなど、出会いのための…ではないにしても、テレビ電話やリモート会議などでも使われるソフトもたくさんあり、便利な世の中になったものだと、改めて思います。

ハッピーメールでも、はじめのうちは、掲示板や、メッセージ、メールなどでのやりとりから、交流が始まるわけですが、だんだんとお互いのことを知りながら、お互いが気になるお相手だなと思ってくると、定期的なやりとりになり、最終的には実際にお会いすることになります。

その間に、一度、オンラインで会う、デートする、ということを挟むと、誘う側も誘われる側もワンクッションおけるので、気軽さが増して、行動を起こしやすいのではないかと思います。

まさに、いまは、3回目の緊急事態宣言が発出されたということもあり、そういう出会い方はいいかもしれませんね。

自粛疲れも言われますが、オンラインを使えば、人との交流も絶たれるわけではありませんし、関係を深めることもできます。

こんなご時世でも、いえいえ、こんなご時世だからこそ、素敵な出会いを求められる、とも言えるでしょう。

もっと素敵な出会いがありますように♪

ハッピーメールバナー

オンラインデートに関する記事

オンライン・デートしてみませんか♪

オンラインデートをするときに気を付けたいポイント

マッチングサイトでの出会いから結婚へ

マッチングサイトで知り合ったのをきっかけに、交友を深めたり、意気投合して交際することになったり、そして、結婚に至るということも、よく聞く話になりましたね。

ひと昔前まで、出会い系サイト、マッチングサイトというと、あまり良くないイメージで語られることが多かったように思いますが、今では、友達探し、趣味仲間探しにはじまり、恋活、婚活のツールとして当たり前のように使われています。

こんな方もおられます。

出会い系サイトにまつわるエピソード

数年前、職場の同じ年の友人が結婚することになったということで、職場の同僚たちとともに結婚披露宴へ招待されて、参加してきました。

日常的に私から見た彼は、どちらかというと、クール?冷めたような感じ?というか、感情をあまり表に出さないタイプで、付き合っている相手がいることなども知らなかったので、話を聞いた時には、お~っと少し驚きました。

で、出向いた披露宴。

彼が選んだ女性、彼を選んだ女性ってどんな人なのかなと思いつつ、新郎新婦入場。

へ~、なんだか朗らかな女性だなぁというのが第一印象でした。

それから、式典が進行していきながら、新郎新婦のこれまでの思い出の話なども、へ~と思いながら拝聴。

新郎についてはもともと友人関係なので、照れてらぁ(笑)と思いながら、冷やかし目線で見ていましたが、新婦さんは、緊張している様子もなく、カッコつけているというか、綺麗に見せようという気もないような、素が朗らかで明るい雰囲気が印象的でした。

滞りなく披露宴が終わり、会場を出たあと、新郎の周りに集まりながら、雑談していました。

一緒に出席していた同僚なんかは、酔っぱらって新婦に「おめでとう!おめでとう!」と絡んだり。

そして、そろそろ解散となって、会場のあったビルのエレベーターに乗り込み、同僚たちと話をしつつ、

「雰囲気のいい奥さん捕まえたなぁ」

「あ~、いい家庭になりそう」

「ほんとほんと」

「あいつにはもったいない感じがする」

「ははは!分かる~!」

なんて言いながら。

それから1週間ほどして、”元”新郎の彼と話す機会があり、出会いのキッカケを聞いてみると、出会い系サイトだということ。

あの披露宴での二人の雰囲気を見ると、出会い系サイト、マッチングサイトが良くないものだと、切り捨てるのはちょっと待って!って感じがします。


素敵なお相手に出会えますように
ハッピーメール公式サイト
▼ ▼ ▼
ハッピーメールバナー

ミラーリング効果を用いるときのコツ・注意点

ミラーリング効果をうまく使うためのコツを紹介します!


時間差をつける

相手の動作を真似する、ということを例として挙げましたが、すぐさま真似をすると、不自然だったり、わざとらしい印象を与えたりして、むしろ逆効果になる場合があります。そうなると、真似された方は、バカにされてるんじゃないかと思ったりすることもあるでしょう。仕草を真似するときは、少し時間差をつけることがポイントです。


似ているという印象を与える

時間差をつけて真似る、ということを書きましたが、どちらかというと、真似というよりは、似ていると思わせる、という方がいいかもしれません。相手からすると、仕草を真似られていることを気づかずに、なんだかこの人は自分と似ているな、とか、気が合う感じがする、と思わせるのがコツと言えます。人は、自分と共通点の多い相手に好感を持つ傾向があります。たとえば、趣味が同じ、出身地が同じ、といったことを親近感が沸くことがありますよね。自然に、似ているところが多い、と思われるような言動をすれば、親近感を持ってもらえるはずです。


ミラーリング効果の逆効果に注意!

恋愛、ビジネス、その他、いろんな場面で応用できるミラーリング効果ですが、注意すべき点もあります。


真似されるのを嫌う人もいる

いくらミラーリング効果が有用だと言っても、男性であれ女性であれ、相手が、真似されることを嫌う人だった場合は逆効果です。そういう人が相手の場合、真似をすると、「なんなんだいったい…」と、避けられることになりかねません。テクニックはテクニックとして持っていても、いちばん大切なことは、相手がどういう人か、どういう状態か、ということを理解しようと努めることです。どのくらいの真似ならいいのか、真似しない方がいいのか、よく注意しながら応用しましょう。近づきたい相手の求める人物像が、自分と違うタイプの人に魅力を感じているようなら、むしろミラーリング効果を考えず、素の自分で接する方が良い場合もあるかもしれません。


やり過ぎはNG

何においても同じだと思いますが、やり過ぎは禁物です。いくら相手が真似されることを嫌う人でなかったとしても、あからさまに真似をし過ぎると、それこそ気持ち悪い…と思われかねません。ミラーリング効果は、何でもかんでも真似をすればいいというものではなく、あくまでも、真似していることに気づかれないくらいの自然なやり方が大切なのです。

 ・ ・ ・ ・ ・

恋愛、ビジネス、その他の人間関係で迷っている、悩んでいる人は、いちどミラーリング効果を意識してみてはいかがでしょう。

ただ、あくまでも「あなたが好きだから真似をしたい」「あなたに近づきたいから真似ているんです」という気持ちがスタートです。

ただただ真似ているだけにならないように注意して、効果的なミラーリングを活用してみてくださいね。


素敵な出会いを♪
優良出会い系「ハッピーメール」
公式サイト
▽ ▽ ▽
ハッピーメールバナー

ミラーリング効果で異性に好かれるテクニックを身につけられる?(2)

ミラーリング効果を使った心理的テクニックを紹介しましょう。

距離を縮めたい、相手の気持ちをこちらに向けたいと思っている人は、実践してみてはいかがでしょうか。

相手の振舞いをさりげなく真似る
さりげなく…というところがポイントと言えるかもしれませんが、仕草や言動を真似ることで、好感を持ってもらえることが多くあります。恋愛に限らず、一般の人間関係でもよくあることで、営業マンの中には、ビジネスの場で上手にミラーリングを取り入れている人もいます。例えば、声のトーンを相手に合わせてみたり、話をするスピードを合わせてみたり、相手の言葉をそのまま繰り返してみたりすることで、親近感を共有することができます。

表情を真似る
相手と同じ表情をすることで、自分も同じ感情を共有しているということを相手に感じてもらえて、この人は見方なんだなと感じてもらうことができます。楽しいこと、悲しいこと、いずれの場合でも効果がある方法です。

飲み物、食べ物を真似る
テーブルの上にいくるかの種類の大皿がある場合などは、同じものを食べることで、好みや美味しさを共有している感覚やちょっとした一体感が生まれることがあります。また、相手が魚介系の料理を注文したら、自分も魚介系のものを注文するというのも同様です。そのほか、飲み物を飲むタイミングを合わてみる、食べ物を口に運ぶタイミングを合わせてみる、といったことも効果を期待できます。

出来るだけ行動を共にする
好意を持っている相手とはそもそも一緒に行動したいと思うものではありますが、人は、ある人と合う回数が多いほど、その人のことを意識する傾向があります。可能であれば、気づいたらいつも一緒にいる、というのがベストでしょう。出来るだけ行動をともにする、同じ行動をすることで、自然と好感を持たれやすくなるのです。2人きりというのが難しければ、友達を交えてもいいでしょう。

ファッションのテイストを真似る
カップルでペアルックをしている人を見ることは珍しくありませんが、これもミラーリング効果を出していると言えるでしょう。基本的に人は、全然異なるテイストの服装の人よりも、似た雰囲気のファッションの人と一緒にいる方が落ち着くと言われます。誰でも、好意を持っている人や、尊敬している人のことを真似たいという気持ちは少なからずあるのではないでしょうか。ファッションを真似るというのは、あなたに好意があります、尊敬しています、という気持ちの表現だと言えるでしょう。ただ、付き合ってもいないのにペアルックというのはちょっと不自然なので、ファッションの雰囲気、系統を似せるのがいいでしょう。


あなたにも素敵に出会いを♪
ハッピーメール公式サイト
▽ ▽ ▽
ハッピーメールバナー